忙しい人

乳酸菌は一日どのくらい摂るべき?

乳酸菌を摂取できる乳製品や乳飲料、サプリメントは、商品によって数十億個から数千億個の違いがあります。
菌の個数というとあまり馴染みがないですね。
目安としてヨーグルトだと一日200?300グラム、ヤクルトだと1本必要だと言われており、ヨーグルトの場合実践するとなると、それだけでお腹いっぱいになってしまいそうです。

比較的サプリメントだと、一日分で乳酸菌が5,000億個摂取できる商品もありますので、効率はよいと言えるかもしれません。
ただ乳酸菌には多くの種類があり、腸内にどんな菌が住んでいて、どの乳酸菌が自分の腸と相性がいいのかは人それぞれです。
また量を摂取したからといって効果が約束されるわけではなく、全ての商品について言える事は、継続的な摂取をする事が効果を実感するために欠かせません。
乳酸菌と相性の良い食品と組み合わせて摂ることも効果を実感するためには大切です。

少なくとも2週間から1ヶ月は様子をみて効果を確かめることが必要です。
例えば、サプリメントだとつい忘れてしまうけれどヨーグルトは好きという人であれば、ヨーグルトを選んでみてもいいでしょう。
ライフスタイルや金銭的にも考えて、無理なく続けられそうなものを選んでみる事がお勧めです。
腸内環境を改善したいという大前提を考えるのであれば、乳酸菌の摂取量にこだわるより基本的な生活を見直す事の方が大切かもしれません。