忙しい人

乳酸菌は死んでしまうと意味がない?

乳酸菌が含まれる商品には「生きて腸に届く」ことをうたった商品が多く発売されています。
これは、摂取した乳酸菌が胃酸で死ぬことのないように耐酸対策を施してあったり、胃酸に強い乳酸菌が添加してあったりします。
では、乳酸菌は生きて腸に届かないものは摂取しても意味がないかというと、そうではなく、生菌が効果的かどうかについても賛否両論あるようです。

乳酸菌の死骸、死菌は腸内の善玉菌のエサになったり、腸内の免疫を高めたりする働きがあると言われています。
また死菌の状態だと一度に大量の数を摂取できますので、サプリメントなどでも、あえて殺菌して死菌を配合しているものは免疫乳酸菌や殺菌乳酸菌など生菌と分けてと呼ばれることもあるようです。
たとえ生きたまま届いたとしても、腸内は既に常在菌で埋め尽くされており、外来菌が住みつくことはないという考え方もあり、乳酸菌の確かな摂取方法は、まだまだ意見の分かれる研究段階のものと言えます。
死菌を支持する専門家の意見では、死菌でも腸内を改善し免疫を高めるなどの効果は変わらず、さらに死菌の方が加工しやすいため一度に大量の乳酸菌を摂取することができ、より効果が高いと説明しています。
現段階では、いろいろな食べ物から、動物性、植物性ともにバランスよく、足りない部分をサプリメントなどで補うことが理想的と言えるでしょう。
普段の食事から摂取する場合は、動物性より植物性乳酸菌の方が比較的胃酸に強いといわれていますので植物性乳酸菌をメインに摂っていくと良いでしょう。
植物性乳酸菌の主な種類はこちらに載っています。
どのような食品に含まれているのかもかかれていますのでご覧ください。