忙しい人

乳酸菌の力、徹底分析!

乳酸菌とは炭水化物を発酵して乳酸を生成する細菌の総称で、腸内環境を整える働きをする善玉菌を代表する細菌の一群です。
腸内では善玉菌と悪玉菌が常に戦っていますので、腸内環境が悪化して悪玉菌が増え優位な状態になると、腸内腐敗が促進し、悪玉菌がタンパク質を腐敗させ有害物質や細菌毒素を産生します。
それらは腸管から体に吸収され血液によって体中に運ばれるため、体のいたるところに炎症を起こしたり、癌をはじめとする生活習慣病の原因になったりします。

腸内の善玉菌、悪玉菌のバランスは、偏った食事、ストレス、過労、加齢など様々な要因によって変動しますが、乳酸菌の作り出す乳酸は、腸管内のpHを下げ便通を円滑にするだけでなく、病原菌や腐敗菌などの悪玉菌の生育を阻止する働きもしています。
また、ビフィズス菌などの乳酸菌は全身の免疫機能に影響を及ぼすことも数多く報告されています。
そのため、免疫機能の過剰反応によって起こるとされるアトピーや花粉症などのアレルギー症状に関しても、効果があると言われているのです。
とは言え、現在販売されている乳製品や乳飲料などに添加されている乳酸菌に関しても、動物実験で効果が確認された段階で、人に対する効果は検討中のものもあり、乳酸菌の人体に与える影響についての研究はまだ始まったばかり。
今後も盛んに研究が進められ、安全性の検証とともに、乳酸菌の研究や開発に大きな期待が寄せられることでしょう。