忙しい人

乳酸菌を摂るにはまず和食?

便秘解消や乳酸菌と聞くと、ヨーグルトなどの乳製品のイメージが強いですが、昔から日本人に愛されている食品の中にも乳酸菌を含むものがたくさんあります。
おそらくほとんどの家庭にある、醤油、味噌、納豆や酢、その他ぬか漬けなどの漬け物にも乳酸菌は含まれています。
これらの食品に含まれる乳酸菌は、ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌に対して、植物性乳酸菌と呼ばれています。

動物性乳酸菌は栄養豊富な乳糖を栄養にするのに対して、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖などいろいろな糖をエサにする事ができ、塩分濃度が高いなどの厳しい環境でも生き延びる事ができるので、胃酸で死滅することなく腸に生きたまま届くとも言われています。
動物性乳酸菌が死んで死菌となっても、腸内で悪玉菌を排出するため腸内環境を改善する働きがあるので、生きて届くことに固執する必要がないという考え方もあります。
動物性と植物性バランスよく摂るとより効果的でしょう。

市販の発酵食品はちゃんと発酵させずに調味料に漬けて風味を添加物で補っているものもあるようですので、できるだけ昔ながらの手法の天然醸造でつくられたものをお勧めします。
健康食品の代表の納豆は納豆菌と乳酸菌両方を含んでおり、納豆菌は生きたまま腸に届き、腸内の乳酸菌の増殖を促進する働きも持っています。
醤油や味噌のように塩分過多の心配もないですし、特にお勧めです。